*NZワーホリドキュメント*

NZでのワーホリから帰国しました!海外生活のお役立ち情報などご紹介したいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Osamu Takeda Memorial Library

クライストチャーチで暮らして一年。

働いたお店や、行きつけのお店
(欲しいモノがないといつ入荷するのかしつこく聞き、
入荷日を確認させるなど無理利かせた場所や、
値上げについて文句たれて一回だけなら値上げ前の価格で購入した屋台、
しょっちゅう酒を買ってIDを見せる必要のなくなったお店もアリ。
こういう融通の効く緩さは好きだ。)
など、もろもろあったけど。


最も、お世話になった場所の一つは
とある図書館だった。


カンタベリーライブラリーから歩いて一分。
日本で云うとマンションというかメゾネットというか

一室を利用した、私設図書館、Osamu Takeda Memorial Library

会員制のココでは、年会費を支払えば、
2週間の期限で2冊、好みの本を借りることができる。
特筆すべきは、日本でのベストセラーや各受賞作、話題の作品などを
ほぼオンタイムで手にすることができる
、ということだ。


なので、私は、NZで暮らしていながら

電車男

を始め

空中ブランコ
イン・ザ・プール
博士の愛した数式
となり町戦争
ダーリンの頭ン中
風味絶佳
ナラタージュ
魂萌え!
東京タワー オカンとボクと、時々オトン

などを読むことが出来た。

ちなみにコレらは一部で、他にももろもろ日本での新刊はまだまだあった!


もちろん、新刊のみならず
鬼平犯かちょう(悔しい!カチョウが漢字でなんて書くのか思いだせん!!!)

プラトニックセックスやら
かつて話題になったものや、押さえておきたいロングセラーも揃っている。


ワーホリで、有り難いことに、仕事はあるものの自由な時間もたくさんある私としては
このように、『いい本』に出逢える場所があるというのは大変嬉しいことだった。
一生の間で、こんなにもたくさん本を読んだのは多分今が初めてだろう、と思うほど。


贅沢で豊かな時間。


もともと幼い頃から本を読んだり文章を書いたりすることは好きだった。
(それが高じて、運が良かったこともあり雑誌社で働いたりもした)


本が好きな方が選んだ本なので、
行けば必ず興味がそそられる本が、棚に並んでいる。



そう!!!!
定期的に新刊を出してくださるのだ!
コレがまた溜まらない。
今度行ったときには、また新たな本が入荷しているかも?!
という期待感。
そうして、これも忘れてはならないことなのだけど
Libraryが開いているのは、週に2回、火曜日と木曜日。
この日を逃しては、次なる本を借りることができない!!!!
新入荷の本を読みたいがために
また興味アル本を読みがために
せっせせっせと本のページをめくり、そうして足繁く通うのだった。


新刊が読めるだけでなく
フリースペースのサロンでは
AERAや、週間新潮、週間文春、文芸春秋まで
読むことが可能。


カンタベリーライブラリーの日本書籍のコーナーは
あってもなくても良いさと思うほどでしたよ。



おかげさまで、本当にたくさんの本を読むことが出来
たくさんの作家さんや作品に触れることが出来
イイ時間を持つことが出来たのでした。


ちなみに、ワーホリの場合は、すこし会員費をサービスしてくれる
嬉しい特典アリ!!



本当にお世話になりました!!!!!


本好きなら、読書がしたいなら、是非チェックしてみてください!!!!!
スポンサーサイト
  1. 2005/11/04(金) 16:31:05|
  2. NZライフ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

コメント

お返事ありがとうございます。(遅い)
書き込み後、ちょこちょこ確認していたのですが…。
動きがないようなので
もしかしたらお返事はいただけないかなぁ…と、
あきらめていたため、
お礼が大変遅くなってしまい、申し訳ないです。

図書館には5月末に無事たどり着きました。
図書館情報ありがとうございました!
  1. 2006/09/03(日) 12:01:05 |
  2. URL |
  3. ひろみ #-
  4. [ 編集]

ひろみさんへ

遅くなりました。

場所はですね、Groucester St.沿いにあります。
カンタベリーライブラリーの前の道を、
Arts centre方向へ歩くと、右手に白いマンションが二棟並んでいて、
そのうちの一棟の一室で、確か7号室だったと思います。
エイボン川越えてほどなく、Duraham St.を越えてすぐですよ。


このブログの中で改めて、OTM Libraryの場所や諸々ご紹介しようと思っています。

無事にたどり着いてください!!!
  1. 2006/06/10(土) 22:33:44 |
  2. URL |
  3. canaesm #-
  4. [ 編集]

はじめまして、こんにちは。
ワーホリ期間中、ずっとチャーチにお住まいだったんですね。
私も今ワーホリでこちらに来て以来、7ヶ月ずっと
チャーチでぬくぬく暮らしています。
この街、なんだかんだあっても、いい街ですよね。

それでその私設図書館が気になりました。
日本語の本にすごく飢えているので、
ぜひ行ってみたいです。
詳しい場所を教えていただけませんか?
  1. 2006/05/10(水) 01:08:09 |
  2. URL |
  3. ひろみ #-
  4. [ 編集]

こちらこそ初めまして!

コメントありがとうございます!!


NZには、特にチャーチには
いつの日か戻ってきたいですね。
旅行でもなんでもいいので。(^^)


みちこさんもNZライフを満喫なさってくださいね!
きっといい時間になりますよ!!!!
  1. 2005/11/09(水) 10:31:59 |
  2. URL |
  3. canaesm #-
  4. [ 編集]

こんにちは、はじめまして。

8ヶ月前までチャーチ住むとばっかり思っていた新米オークランダーです。
チャーチにこんな素敵な場所があったんですね~~
いいですね、近くにあったら私もきっと常連です。

とっても濃いワーホリだったみたいですね。
最後まで元気でお過ごしくださいね。
そしてまた何度でもNZに戻ってきてください~!
  1. 2005/11/05(土) 13:09:16 |
  2. URL |
  3. みちこ #tZDc9YLU
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://canaesm.blog9.fc2.com/tb.php/45-73e4d166




訪問記念に(^-^)
ランキングしてます





海外で働く2005年度版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。