*NZワーホリドキュメント*

NZでのワーホリから帰国しました!海外生活のお役立ち情報などご紹介したいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

若毛の行ったり来たり

お仕事終わって、大好きなPack'n saveに行くために
バスを待っていた間、聞いてしまった日本人の男の子5~6人(推定20歳そこそこ)が
繰り出していた会話。

-今日、何処にのみに行く?
-え、今日、飲むの?
-また?
-俺、金あんまりないッスよ。
-大丈夫でしょ。

まあ普通の会話ですが
すんごくでっかい声で話すので
聞きたくなくても聞こえてしまい、
困ったモノだなあと思っていたら
繰り出された爆弾発言。

-!#$%&'に立つ女は、ねばれば$25でヤらせてくれる!
(某シティのストリートでは夜な夜な売春婦が商売のために立ったりしています)

あーーーーーー。


目の前に、東洋人の(一応)女の人が立っていて
買う話ですかい。
彼ら、見た目も声も、高校生くらいなのだけど…。


ちなみに先ほどのセンテンスは訳すとこうなります。
-!#$%&'に立つ女は、ねばれば$25でヤらせてくれる!

-俺ってヤりたくても、相手がいないし、誰にも相手にされないし
にっちもさっちも行かなくて、でもどうしてもヤりたいから
させてくれるお姉さんがいるところに行って
お金払ってお願いしようとしたのだけど
これまた十分に持っていないモノだから、
拝み倒して$25でどうにかしてもらったのよね。



格好悪いので、こういう話を公衆の面前、特にバス停などでするのは避けた方がよろしかろう。


それにしても彼らは私が何人だと思っていたのだろう。
日本人(しかも一応女)が目の前にいると分かっていて、
かような会話を声高に出きるとなれば
それもまた恥ずべきコトであり
日本人でないと油断して話してしまったにしても、己の恥をさらすような話を
それと気付かず、公に堂々としているので哀れであり嗤えてさえしまうのだ。


そりゃあさぞかし誰にも相手にされないことだろう。


お身体大事に、とだけは思ったが。






スポンサーサイト
  1. 2005/08/14(日) 22:07:44|
  2. NZライフ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://canaesm.blog9.fc2.com/tb.php/36-b42d2689




訪問記念に(^-^)
ランキングしてます





海外で働く2005年度版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。