*NZワーホリドキュメント*

NZでのワーホリから帰国しました!海外生活のお役立ち情報などご紹介したいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

experience

帰国してから、まる半年近く
ブログを放置プレイしていたcanaesmです。

NZにワーホリビザで行ったのは、
一つの理由だけではなかった。

私の20代は、アル意味終わっていた。
リリー・フランキーも言っていたが
女性の27~29歳が一番中途半端ってのが
どんぴしゃ当てはまるくらいに冴えてなくって、
さっさと30代になりたいってイライラするくらいだった。
独身女性は負け犬だと、しゃらくさいマーケットが展開されそうだった当時、
それと仕事の環境も手伝って
このままここで30歳にはなりたくない!って思っていた。

それから、今ドキ驚くことに海外に旅行ですら行ったことがなかったのだった。
パスポートを中学生くらいの時に持ったが
どこの国の税関さえ通らず(ええ勿論、日本も)期限切れになった。
なので、一度くらい海外に行ってみたいって思っていた。

また、海外で事業を興すという知り合いがいて
手伝ってみない?と声をかけられて
申し訳ないけど、そんな危険な橋を渡れる度胸も度量もなく、
そうであっても海外で仕事をする、生活するって面白そう、と思っていた。

当時、28歳、もうすぐ29歳、20代崖っぷち、
地方情報誌出版社勤務、激務安月給、彼氏ナシ、未来の展望見えてナシ、
の私は、
このままココにいてはダメだ!お先真っ暗だ!
それに、30歳には海外でなる!!と、海外行きを決意し、
その年齢とタイミングで働きながら生活できるビザが手に入る国、
ニュージーランドに一年間、行くことにしたのだった。


30歳になったときは、ニュージーランドで働いたお店でお祝いをしていただき
(そのお店では誕生日をみんなで祝うモノになっている)
みなさんが寄せ書きしてくださったカードはとても温かなモノで
もちろんいまも大切に持っている。
冴えない私が、30の大台には海外で!っていう気持ちで飛び出したニュージーランド。
誕生日はもちろん、全ての日々が忘れられないし、鮮明に思い出せる。


繰り返すようだけどニュージーランドでの日々は、
本当に忘れることのできないモノ。
なぜなら。
その一年間が、今の私を創っているから。
学んだモノや、経験したモノはとても大きい。
大事な大事なあの日々。
あの経験がなかったら、今の私はない。
もとい。
あの経験があるから、今の私がある。


リアルでお届けしてきたブログでしたが
これからは経験者は語る!的なカタチでお届けしたいと思います。


帰国して31歳になった節目に。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/29(月) 06:32:39|
  2. NZライフ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4




訪問記念に(^-^)
ランキングしてます





海外で働く2005年度版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。