*NZワーホリドキュメント*

NZでのワーホリから帰国しました!海外生活のお役立ち情報などご紹介したいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ぼけ

一年間、どっぷり海外にいて
それでも、一緒に暮らしていたのは日本人だったりして
そんなに英語漬けでもなかったのだけど、


帰国すると、、、、、


-携帯の使い方が分からない(着メロって何?状態)
-そもそもお店にて店員さんになんて声をかけたらいいのか忘れている
-相づちを'yeah'とかいいそうになる
-電車の切符の買い方で一瞬迷う
-バスのドライバーにハローと言いそうになる
-一年ぶりに体重計に載って、猛烈なダイエット魂が芽生える(ただ今実行中)
-鏡を見るたびにNZの鏡と日本の鏡はチガウ!と痩せたい魂が燃える
-米の飯がやたら幸せを運んでくれる
-久々の日本食が美味しくて嬉しくて喰いすぎてしまいそうになる
-日本に帰ったら痩せる説は嘘だと思う
-でも周囲は細いお嬢さんばっかりなので気合いが入る
-髪の毛の色を変える気が全く起こらない
-紙をやたら節約する
-日本の女の子が(男の子も)なんとなく珍しいものにみえる


などの現象が起こっています。


ワタシ、ニポンゴ、カルク忘れてます、、、
ってな状態もままありましたが
だいぶ落ち着きました。


自国に戻ってきて軽いカルチャーショックも受けています。



日本って豊かな国なのねって思ったり、、、。


壊れそうなマンションの問題など起こってすったもんだしてはいますが。。。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/23(水) 10:29:50|
  2. もろもろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

オチ

なんちて。


おセンチになっていたところで、、、、。


えらいことになったよもーーー。


事の起こりは、チャーチの空港で!
帰りの手配をしていたら。


オペレーター曰く。

今日、貴方の押さえた便、存在しないわよ。






明日の便になっているわ。明日まで待つコトね。(^^)


なんだとーーーーー!!!
ぶざげるなーーーーーーー!!!


なんでだよ!
往復(帰りは一度だけ変更可能)で、んで、今日に日にちを変更して
チケットにだってそうかいてあるじゃん!!!!!


って云ったら、


そうは云っても、今日は貴方が押さえた便はないの。
明日まで待ちなさい。

の一点張り!


そうは行くかよーーーー!!!!


この日の帰国で帰らないと後の予定が全部狂うんだ!
帰らせろ!
っていうか、そもそもそっちのフォルトだろ!!


と、さんざん怒ったら、
カンタスを使ってシドニー経由で帰る便を手配された。
JAL就航便があるから
日本の航空会社だし、ええやろって。。。


シドニーでの乗り換え待ち時間3時間
なんで、あたしシドニーに居るんだろう。。。。
って思ったりもしたり、
つうか、、、


予定では、日本に、夕方に着いているはずだったのだけど
結局、到着したのは夜の9時。



朝3時に起きてから、ずぅっと時計の針をそのままにしていたら
日本に着いた時点で夜の12時になっていた。


自分の体力に乾杯。


ま、変更になったお陰で
電車男とかチャーリーとチョコレート工場の秘密とか見れたりしたのだけど。



まじで、最後まですったもんだあるものだ。



お陰で、当初の予定では
オークランド空港乗り換えで日本直行便で帰るはずだったので
オークランド空港で受け取るはずの免税品も受け取れず、
まだまだもろもろやることは残ったまま、


つうか、帰るときにこんなおもしろ珍道中をやらかすなんておもってもみなかったよ!


後日談はまた!
  1. 2005/11/10(木) 20:36:09|
  2. NZライフ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

明日は日本

信じられない。。


けど、明日朝っぱらから飛行機に乗って
夕方には、日本。


赤道を越えた、真反対の場所にある似たような島国で
こんなにも気のいい人達と出逢ったことが
嬉しくて離れるとなると寂しさもあり、離れることが信じられなくて。



でも

遠い場所にでも、
出逢いってあるんだなぁと
なにか
目に見えない力強いモノを感じたりもした。

日本じゃない場所でも
日本の方々ととっても貴重な出逢いがあったり
日本人に限らず、地元の人との触れ合いがあったり。
地球って大きいんだか小さいんだか。。。。


海外で、非日常が日常になったからなのか
うーーーん、
それだけではないと思うのだけど
バスのドライバーと交わすハローがいちいち嬉しかったりした。


だって日本でバスのドライバーにハローなんて云わないジャン!
バスのドライバーもハローなんて云ってこないジャン!!!


シャトルバス(クライストチャーチ市内を巡回する通称イエローバス)の
顔なじみのドライバーは
いっつもハローと言ってくれるし
降りるときには手を振ってくれる。

今日、偶然彼の運転するバスに乗り合わせたので
これが最後のシャトルバスなんだ、明日、日本に帰るんだ、
どうもありがとうございました、
なんていちいち挨拶をしてしまった。

そうしたら、彼は私のことをちゃんと覚えていて

イイ出逢いだったよ、日本に帰るのかい?
きっと君の未来は明るいよ、
そう願っているよ、
と握手を求めてきてくれたのだった。


こんな、些細なことだけど
いちいち嬉しかったりするのだ。


ド田舎で、厭なところもいっぱいあるクライストチャーチだけど
バスのドライバーがこんなふうに接してくれるのも
ココならではなのではないかなあって思ったりもする。


風呂に入りたい一心もあり、日本が恋しくて溜まらないけど
人の良さや温かさの
この土地ならではのモノをたくさん知ることが出来て
とても良かったです。


無事に一年、思ったようなことが出来て
とてもありがたかったです。


それで、人は一年だけという限定で生きているのではないので
やろうと思ったら、
一生懸命やっていけば
どんな風にでもイメージ通りに時間を生きることが出来るのではないかと
一年が出来るなら、一生も出来るのではないかと
気付かせてくれたのでした。


つまり、一年のワーホリで
やれたことなら
一生の人生でも出来るんじゃないの、ってことでして。


全て悪いことばかりじゃない
むしろ
いいことに気付いていないんじゃないか。


一年間、チャーチで暮らし続けて良かった。
だって、出逢えた素敵な人がたくさんいるからね。
バスのドライバーもそうだし
行きつけの店も
銀行や郵便局のスタッフも
温かい人はみんな、温かかった。


日本もかつては顔を見れば
こんにちはって言い合うような土地柄だったように思う。
いつの頃から、互いに無関心を装って
それが良しとされるようになったのだろう。。。。


帰国したら、チャーチのノリで
知らない人にもやたらニコニコしたりして
気持ち悪がられる人になるかも知れない。
まぁ、それは、それでいいでしょう。
睨むよりはいいものね。


無事に帰ったら
一年をまとめたwebsiteを作る予定です。
チャーチに一年いた収穫を
生かせたらなあって思っているわけです。
  1. 2005/11/09(水) 16:29:51|
  2. NZライフ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

Osamu Takeda Memorial Library

クライストチャーチで暮らして一年。

働いたお店や、行きつけのお店
(欲しいモノがないといつ入荷するのかしつこく聞き、
入荷日を確認させるなど無理利かせた場所や、
値上げについて文句たれて一回だけなら値上げ前の価格で購入した屋台、
しょっちゅう酒を買ってIDを見せる必要のなくなったお店もアリ。
こういう融通の効く緩さは好きだ。)
など、もろもろあったけど。


最も、お世話になった場所の一つは
とある図書館だった。


カンタベリーライブラリーから歩いて一分。
日本で云うとマンションというかメゾネットというか

一室を利用した、私設図書館、Osamu Takeda Memorial Library

会員制のココでは、年会費を支払えば、
2週間の期限で2冊、好みの本を借りることができる。
特筆すべきは、日本でのベストセラーや各受賞作、話題の作品などを
ほぼオンタイムで手にすることができる
、ということだ。


なので、私は、NZで暮らしていながら

電車男

を始め

空中ブランコ
イン・ザ・プール
博士の愛した数式
となり町戦争
ダーリンの頭ン中
風味絶佳
ナラタージュ
魂萌え!
東京タワー オカンとボクと、時々オトン

などを読むことが出来た。

ちなみにコレらは一部で、他にももろもろ日本での新刊はまだまだあった!


もちろん、新刊のみならず
鬼平犯かちょう(悔しい!カチョウが漢字でなんて書くのか思いだせん!!!)

プラトニックセックスやら
かつて話題になったものや、押さえておきたいロングセラーも揃っている。


ワーホリで、有り難いことに、仕事はあるものの自由な時間もたくさんある私としては
このように、『いい本』に出逢える場所があるというのは大変嬉しいことだった。
一生の間で、こんなにもたくさん本を読んだのは多分今が初めてだろう、と思うほど。


贅沢で豊かな時間。


もともと幼い頃から本を読んだり文章を書いたりすることは好きだった。
(それが高じて、運が良かったこともあり雑誌社で働いたりもした)


本が好きな方が選んだ本なので、
行けば必ず興味がそそられる本が、棚に並んでいる。



そう!!!!
定期的に新刊を出してくださるのだ!
コレがまた溜まらない。
今度行ったときには、また新たな本が入荷しているかも?!
という期待感。
そうして、これも忘れてはならないことなのだけど
Libraryが開いているのは、週に2回、火曜日と木曜日。
この日を逃しては、次なる本を借りることができない!!!!
新入荷の本を読みたいがために
また興味アル本を読みがために
せっせせっせと本のページをめくり、そうして足繁く通うのだった。


新刊が読めるだけでなく
フリースペースのサロンでは
AERAや、週間新潮、週間文春、文芸春秋まで
読むことが可能。


カンタベリーライブラリーの日本書籍のコーナーは
あってもなくても良いさと思うほどでしたよ。



おかげさまで、本当にたくさんの本を読むことが出来
たくさんの作家さんや作品に触れることが出来
イイ時間を持つことが出来たのでした。


ちなみに、ワーホリの場合は、すこし会員費をサービスしてくれる
嬉しい特典アリ!!



本当にお世話になりました!!!!!


本好きなら、読書がしたいなら、是非チェックしてみてください!!!!!
  1. 2005/11/04(金) 16:31:05|
  2. NZライフ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5




訪問記念に(^-^)
ランキングしてます





海外で働く2005年度版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。