*NZワーホリドキュメント*

NZでのワーホリから帰国しました!海外生活のお役立ち情報などご紹介したいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カレー

ニュージーランドでカレーを食べる。

となると、結構本場のインディアンカレーや
タイのグリーンカレーなどにありつけます。


だがしかし、日本で慣れ親しんだ
あの、あの茶色いマイルドなカレーライスは
なかなかどうして入手困難。
いやさ、アジアンフードウエアハウスや
スーパーマーケットのアジアンフードコーナーでは
日本のカレールーやらレトルトのカレーなども売っているので
全く手に入らないことはありません。
が、高いです。


そんな中、なんと「ハインツ」のレトルトパウチカレーを発見!
しかも、ベストビフォーぎりぎりにつき
1個$1.50→3個$3.00!!!
ハインツのカレーと言えば、日本では確か高級食材(だったはず)。
これはお得!!と喜び味わったモノでした。



で、ちと裏を見てみると。
かれー



一瞬、鮭の里帰り(?)が頭によぎってしまいました。
この子は一度、日本に行ってから帰ってきたのでしょうか?
お疲れッス。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/09(火) 08:12:41|
  2. food|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

ウニ

もろもろあって、憤懣やるかたないこの日

くさくさする気持ちを持てあましながら

Pack'n save へ。

くさくさしても、行くところが
スーパーマーケットかよ!って感じですが。

でもねー、そこでねー、見つけてしまったのですよ。



ウニを。


一個いくらでなくて、キロ/$5.99で売ってた!!
ウニ本体





げ!マジで。


ちなみに一個ってのは、そのもの。
解体前の全体のことです。





思わず、一個買ってしまいました。

そいつは、700グラムくらいだったので
$3.60くらいでした。


こんな値段でウニ。
もちろん自分で解体しなくてはなりませんが。









ウニクッチマイマシタ。
ウニ






破格で
異国で。


ウニを食うなら、今のNZは食べ頃!

  1. 2005/07/05(火) 03:56:04|
  2. food|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

JAPANESE FOOD

もー、喰うことばっかりかよ、ってな感じですが。。。。

ここ、ニュージーランドに来て半年も経ち
想像と違ったこと。

そりはフードカルチャー。。。。。

どれほど日本食が恋しくなるだろう、、、、
ご飯なんてどれだけ食べられない日が続くのかしら
と想像し、覚悟を決めていたら

ぜんぜんそんなことありませんでした

そもそも、最初のホームステイ先で
いきなりカリー(米つき・ロング米だったけど)を振る舞われて
あっさり、米の飯にありついてしまったのでした。
これはホストマザーがパキスタンから嫁いできたパキスタン人で
自国の料理を作るのがスキだから、
ということも大きなポイントだったのでした。
NZにいながらパキスタン料理を食べられた私は、
ある意味とってもラッキーでしたね(^ー^)


ちなみに入国後最初の1カ月間通った英語学校では
毎週月曜日はSUSHI shopからの弁当の出前がある
SUSHI DAYと呼ばれる日で、希望する子は
出前の巻きずしなどを買って食べることが出来たのでした。

もちろん、この巻きずしは
カリフォルニアロールとかてりやきロール(照り焼きチキンが巻かれている、初めての味わい)とか
アレンジされたモノでしたが。。。。

一般的なスーパーマーケットでも
JAPANESE FOODコーナーの一画はたいていあって
巻きずしのセット('まきす'や、のり、ガリがセットになってる)や
わさび、醤油、味噌などのラインナップもあります。

ちゃぶ台をひっくり返したいくらいの値がついてることもありますが、日本語で書かれていない(ハングル?)説明書きに驚愕することもありますが。


キムチの時にも触れましたが
アジアンフードウエアハウスでも充実の品揃え。
乾麺のそばやうどんなども手に入ります。


やろうと思えば、思いっきり日本の食事を作ることも可能。
なので、ミューズリーの朝ご飯に目覚める前までは
ご飯とみそ汁、そして納豆、、、、、
という、
郷に入りては郷に従え、という言葉に朝っぱちから逆らった一日をスタート
させてもいました。

もちろんポットラックパーティでは肉じゃがを作って参加。


世界が・チキュウがどんどん小さくなっている感じ?

健康的だと人気が高まるJAPANESE FOOD。
あちらこちらでSUSHIのサインも見るし
JAPANESE RESTAURANTのサインも見るし
(↑とはいえ料理をするのが日本人とは限らないのがトリッキー)。
手にはいるとは言え、当たり前ですが純正のモノとは
多かれ少なかれ異なるわけで…。


やっぱり日本食を恋しがっているのかしら。
日本で80円くらいで売っている
納豆1パックに$5出してるくらいだからなぁ。。。。



離れてこそ知る
自国の食文化の素晴らしさ…。。。。(遠い目)


マジメニまめに、自炊すると
面白いくらいに和の食事が出来るのがなんとも。

これから、もうちょっとしたら
ムフ。
いくらの季節。
こっちじゃ。キロ/$2!!!!!
いくらが一キロたったの2ドルっすよ!!
納豆の復讐じゃないけど
激安でいくら丼!!!!
いくら自分で漬けなくちゃならないけど!!!!!
どうやって漬けるかはすでにリサーチ済み!
真っ赤な宝石がこれからの楽しみ!!!
  1. 2005/06/28(火) 07:20:31|
  2. food|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

あさごはん-1-

どちらかというと
朝ご飯はちゃんと食べる私です。

NZに来て、最初はホームステイをしていました。
その時に出逢った朝ご飯、
シリアル+ヨーグルト+牛乳、コーヒー、
というメニュー!


楽・簡単・仕込み要らず


こっちでは、オージー米とかですが
日本のお米にそっくりなカタチのお米も、
味噌も、味噌スープのもと(質は日本のモノと比べるべからず)も手に入り、
電気コンロを使って鍋で炊くというスキルも身に付き
ご飯とみそ汁という、
和な朝ご飯も全く持って可能なのです。

ケド、栄養・野菜をばっつり摂りたいと思うと
前もって仕込みが必要。


忙しい朝から野菜切ったりするのが面倒、
なので前の日から切っておく、
という私の習慣なのです。
前もってやっておけば朝から手間も時間もかからないジャン、
というわけです。

そもそも、米は炊きだめ。
一度に炊いて置いて
一食分ずつに小分けにしてサランラップでラップ、冷凍庫へ。
食事のたびに、マイクロウェーブ(電子レンジ)で解凍!


そんなまめな仕込みが

面倒だなー

と言うときに思い出した
シリアルの朝食。

でも、コーンフレークだけシリアルには満足できず
ドライフルーツ入りなどのものを選んでいたところに
(もちろん常にフルーツやヨーグルトはトッピングされています)

出逢った
ミューズリー!!!


たくさんの穀物をブレンド・さらにドライフルーツもミックスしてあって
満腹感のある食べ応えと摂取できる豊富な食物繊維やビタミン種類、
それと反比例する熱量、、、、、、

こりゃあ…。
健康と美容にばっつりイケてる朝ご飯!
腸の活動にも差が…

納豆や豆腐など、手にはいるけど日本に比べて割高なNZで
ミューズリーのシリアルは$5程度。
ネットで調べてみたら日本で買うなら場合によっては700円~1,000円ほどするものもあるみたい!


そもそも、ミューズリーってモノ自体、こっちで知りましたm(_ _)m
日本のシリアル業界ではメジャーなのでしょうか…。。。。


さておき!
このNZで健康的な食材をリーズナブルに見つけた喜び!!!
しかも手軽!
手間もかからない!!!
なにより日本で買うより安い(ポイント大)!!!!


ご飯とみそ汁の朝食から
ミューズリーの朝ご飯へ…。。。


和食派(外国に来てもなお)の私としては
これは発見でした。


日本でもミューズリーが手軽に手にはいるといいなぁ。。。
  1. 2005/06/13(月) 23:51:06|
  2. food|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0




訪問記念に(^-^)
ランキングしてます





海外で働く2005年度版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。