*NZワーホリドキュメント*

NZでのワーホリから帰国しました!海外生活のお役立ち情報などご紹介したいと思います!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ワーホリに行くぞ、一連の流れ-canaesmの場合

小出しに書いてきたのですが
ここで、私のmade up my mindから出国までを
一気にココに書きだしてみたいと思います。

Why?
Because,7カ月目に入ったから。
折り返し地点のポールをくるんと半回転したから。

ココからしばし、私事なので飛ばしてください

●2004年1月くらい-ワーホリに行くことに興味を持つ

・なぜなら三十路前になる年だったから。
 今年出国したら、30歳は海外だ!
 だから何だというわけでもないが、
 なんだかそれは素晴らしいように自分で思えたりしたりもした。
 ちなみに、旅行でさえ海外に行ったことがない。
 なのではぢめてパスポートを取得する。
 正味1カ月で手に入る。
 歯を出して笑っている写真はNGだとこの時知る。
 わざわざ、プロカメラマンにお願いして撮ってもらったのに!

●2004年5月-20代最後の誕生日の月に腹が決まる

・会社に辞めます、と言う。年度明ける前に言わんかい!と言われる。。

・会社辞めて準備にかかる。

こっからがお役立ち情報なので、ココまでは読まなくても良かったですよ。


●2004年7月~8月

・身辺整理-一人暮らしの荷物の片づけ。
 会社を辞めたため収入がなくなる→だからといってワーホリ資金を食いつぶしたくはない→金を作らなくては!
 で執った手段
 その1→フリマに申し込んで、何年も着ていない洋服やふとんなど、とにかく金になりそうなモノは売りさばく。
 その2→無料誌配りに参加。

・英語力アップのアドバイスを受け、図書館に毎日通う。えぬえっちけーの英会話テキストとCDは大活躍!over rappingは会話にも役に立った!!

・出発は、日本が寒くなり、ニュージーランドが夏を迎える直前11月に決める。
 なんでかっていうと、飛行機のチケットが高くなる直前・いわゆるオンシーズンの手前だったから。
 もう一つは、この時期に出れば、ワーホリが終わって帰国後に家族(両親達)と正月を迎えられるから。正月にワーホリ話でみんなと盛り上がりたいなんていうオヤジな考えアリ。

・ビザは申請から受領までにひと月かかり、発行日から半年以内に入国すればOKで、さらに入国した日にちから数えて一年間の滞在が可能、とのことだったので、ぼちぼち、申請しようかなあ、くらいに思っていて、申請することにする。

・運転免許の更新が来年(つまり、ニュージーランド滞在中に迎えることになる)とわかり、焦る。が、免許センターに問い合わせた後、もちろんその分一年ソンするけれども、前倒しで更新可能とわかり、それで免許を更新してから国際免許も申請しようと決める。


●2004年9月

・なんでもカタチアルモノがモノをいうと言う考えから、toeicのテストを受ける。だってこれで、履歴書に書ける点数だったりしたら仕事とか見つかりやすいジャン!なので、勉強も頑張ったりしたな。私なりに。。。


●2004年10月

・toeicの結果を受け取る。こう…、、、、特別威張って書ける点数でもなければだからといって書けやしないほど特別低くもない、中の中のちょっと上、みたいな半端って言うか、「ずば抜けて何か出来るわけでもないけど、ちょっとだけイイ」、という点数を取る。
でも、良かった…。。。。。それで助かったこと、多々アリなので。。。

・申請後、きっかり1カ月くらいでビザを受け取り、おお、これがビザか!!!と感動する。

・国際運転免許証は、有効期限が発給日から一年、しかも申請したその日に発給されるので、ぎりぎりまで、免許の早期更新と国際運転免許については堪えた。
 朝っぱちから行けば、どちらも同時に出来たはず。私はどちらも一日でできて、帰りにお昼を食べることもできた。
 免許の更新は違反の数にもよって所用時間が変わってくるし、時間を無駄にしては勿体ないので、管轄の免許センターに受付時間と必要なモノ(写真など)と、かかる費用・時間を確認することをオススメします。


●2004年11月

・買っていなかったスーツケースを買いに行く。化粧品も、この位必要かなっていう程度買っておく。


・出国


国際運転免許は、持っていて良かったです。
運転するチャンスに巡り会ったときの
気持ちの持ちよう、テンションの高さがまるで違います。
だけど。
IDとしては役に立たなかったです。
が、運転がスキだったり旅がスキだったりするなら
持っているに越したことはありません。


出国までの準備って
やっとこさ一年前のことなのだよね、と今思ったりして。
随分昔のようにも思えたりして。。。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/23(木) 17:38:06|
  2. ワーホリに行くぞ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

持ってくれば良かったもの

生活するって上で
持ってくれば良かったー
すれば良かったー
って思うモノ。

たくさんありました。
ええ、たくさん、、、、。

スーツケース一つで
一年なんて

むり。
ええ、ムリっすよ。
着の身着のままの最小限で来て
生活しはじめちゃうと、それなりに買い足すモノがあるので
あたりまえといえば当たり前。
当然ですよ、比べても仕方ないモノ。
分かっちゃいるけど、、、、、。
コレ、こんなささいなモノでも持ってきていれば…なんて思ったりするものだったりして。


持ってくれば良かった、
そう思ったモノ


文房具。


こっちのは、
買うのが侮辱的なくらい
質が悪くて高いです。
シャープペンシルと替え芯とボールペンと油性マジックは
持ってきてもソンでないと思います。
特に、学校に行こうというおつもりなら
筆記用具は充実させてきてください。
消しゴムも、ハイライト・蛍光ペンも。。。。

こっちで買うと、

くやしい気持ちになりますので。(私だけ?)

それから暖かい服。
南半球とはいえ。
オーストラリアよりも南に位置します。
特に私は南島にいるから余計にですが
南極に近いので

ええ、日本だと南と聞くと温かそうなイメージですが
南半球だと逆です。

南極に近い=ごっつ寒い

サンタクロースがサーフィンしているのは
赤道直下の国くらいではないのかいな?!
と思ったほどのクリスマスを経験しましたので!

ちなみに、なんらかのニュース映像とかで
この時期半袖の人ととか見ても、参考にしないでください!
どんなに寒くてもTシャツとかタンクトップとかキャミとかでいるのがkiwiなので(みんながみんなではないですが、そういう人が多いんですよ)!
彼ら、肌組織がわれわれとは根本的に異なりますので!


なんていうのですかねー、

質の良いモノが100円ショップでも手に入る
日本とは異なり
質のそんなに良くないものが、日本よりも値が張る、ので
妙に屈辱的にも感じるしムダにも感じられて
買いたくない!って思っちゃうのです。

特に消耗品やら、
このくらいのものなら、向こうで買い足せばいいかな♪程度に高をくくっていたモノはなおさらです。

どーーーーでもええやん、そのくらいのもの、
というものほど、そうなのです。
高くて当たり前のモノならあきらめもつくのですが
安くて良いモノを持ってくるのを忘れた
それを
高くて質が悪くてってなるといやなのですよ。


たとえ鼻毛切りばさみ一丁にしても!
顔剃り一丁にしても!
CD-ROM一枚にしても!
リップブラシにしても!
タオル一枚にしても!
シャープペンシルにしても!
ノート一冊にしても!

・・・・・・・海外生活向かないなー、、、私って。。。


んでもNZは、想像よりも物価は高いです。
特にステーショナリーとか本とか。。。
WE ARE aiming lowest price in NZ!を謳う
NZ大手のスーパーマーケット、パックンセーブで買い物しても
日本と取り立てて比較して安いかっていうと
???そかな????ってな感じですよ。
野菜とか魚とか、肉も、、、、、。。。。
あ、Timtomは日本で買うより安いよ!


そうそう、、、消費税も、日本より税率も高いし。。。。。。
所得税もねーーーーー。。。。。

ネガな事を言うつもりはないのだけど
私としては
日本も捨てたモノじゃないし
便利でイイ国だわよ、って
離れてみてつくづく思ったりしたのですよ。


日本を離れて7カ月目のブログに書いたことでした。
  1. 2005/06/19(日) 20:16:54|
  2. ワーホリに行くぞ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ビザ取得

簡単でしたねー。
ビザを手に入れるのは。
もちろんNZの場合。

各国によってビザの申請の仕方、必要書類などは異なるので
各大使館のサイトなどを見てチェックしてみてください。

オーストラリアはネットでの申請受付、とか
はたまたイギリス(だったかな)は
25歳までとか年間400人までとか…。


でNZの場合、申請のために料金がかかることはありません。
-パスポートと
-返信用の封筒、
-ワーホリビザが欲しいです、と書いた紙
-身分を証明できるモノ(免許証のコピーなど)2通←だったと思う。

を、大使館に送るだけ。

東京、大阪にお住まいの方は
直接大使館に行って申請ができます。

ちなみに郵送で申し込んだ場合は1カ月
直接大使館に行った場合は1週間程度
で、ビザが発行されます。

パスポートに、NZのシンボルfernがデザインされたビザが
張り付けられて帰ってきますよ。

ビザ申請中の1週間または1カ月は
他の準備の時間に充てるといいですね。

ビザ発行後半年以内に入国すればOK!
入国した時点から1年間がワーホリの期間であって
発行後からではないので親切ですね。

さらに、30歳の年齢制限もありますが
ニュージーランドの場合、ビザ申請の時点で30歳までなら受け付けられるので
ビザ受領後誕生日を迎えて入国の時点で31歳になっていても大丈夫!

間口の広い国ですね。

国内の3大ビジネスの
3番目が留学であるお国柄でしょうか。。。





*ビザ申請に関しては、私自身が昨年・2004年の9月頃に行った手続きの記憶に基づきます。
  1. 2005/05/25(水) 05:17:41|
  2. ワーホリに行くぞ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

英語の勉強-1-補足

そりからですね!

もし最初にホームステイなどを予定されているなら!
事故紹介も出来るようになっていると
コミュニケーションがより取りやすくていいですよ!

日本に来る前何をしていたか?
学生?何を勉強していたの?
働いていた?どんな仕事で?
ワーホリではどんなことがしたいの?
旅に行く予定?
チャーチを選んだのは何故?
(↑意外に聞かれます。良いところだから、素敵だからとほめると喜びます。)


こっちの人はあなたに興味津々。
人なつっこい人が多いので
自己紹介してアピールすると
仲良くなりやすいですよ!!


また、語学学校で英語を勉強する予定なら
授業は全部英語なので
授業で使われる
-動詞
-形容詞
-副詞
-現在完了
-過去完了
とかも
ちょこっとだけ頭に入れておくとイイかも知れません。
教わることは日本の中学高校と習ったことと
大きく変わらないのですが

ネイティブの先生からオールイングリッシュで教わる環境

は素晴らしいモノがあります。
授業も英語、聞きたいこと・質問も英語、全部英語ッスよ。


ただ、使っている言葉が少しでも分かると
授業について行きやすいので
蛇足かも、と思いつつ。。。

最初の2~3日は先生が動詞とか言ってるのがわからなくって苦労しました。
でも名詞・Subject、動詞・Verbと知っていくに付け

おお!文型とかのS+Vってこういうこと?!
と感動したり、それが分かってより授業が楽しくなったりしたんですよ。

  1. 2005/05/24(火) 22:48:08|
  2. ワーホリに行くぞ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

英語の勉強-1-

ワーホリに行こう!と決めてから
私がしたのは、まずはしたのは、

英語の勉強。

ビザの申請には1カ月かかる、と知っていたので
それは後回しにしましたね。

なぜ、英語の勉強に重点を置いたかというと

敵陣に乗り込むには相手のことを知ってから。

なーんていうと物騒ですが、

言葉が分からないだろうから
何言っても良いだろう

思われるなんてイヤッスよね!
見た目が東洋人丸出しなので

英語わからなそうだし英語で何言ってもいいんじゃないの
きっと分からないよー、

という事態も避けたかったし

何よりも!!!!

仕事を掴むには
必要不可欠だったから!!!

こっちに来てみて
本当に思うのは
チャイニーズやコリアンなどの移民も多いけど
彼らの英語の達者ぷり。

負けてなるモノか!!!
と思いますね。

また、こんなエピソードもあり↓。
バスを待っていたときのこと。
バス停で私は立ってバスを待っていたのだけど
背後にあったベンチに小学生くらいの子が2人座って

「ケツが目の前にあるぜ」


ケタケタ笑ったのでした。

くそガキだなーと思いつつも、

おいこら、聞こえてるし分かってるゾと
思いっきりにらみ返してやったら

「げ、こいつ英語分かるよ」と
気まずそうに去っていきました。

子どもが相手だったし
本来なら怒った方が良かったのかも知れませんが
あのときの子ども(と、周りにいたオトナ)の

気まずい

雰囲気と言ったらなかったですね。

怒り方が分からなかった自分にももどかしいし
下手に怒っても警察沙汰かも知れないので
今となってはなんとも言えませんが…。

そんなガキもいるってことです。

日本にも外国人を相手に
日本語で心ないことを言っている子が
いるのかしら?
とちびっと疑問に思ったり、思わなかったり。


さておき、耳だけは
ならして置いた方がいいです。

何を言っているか、分かるか分からないかはだいぶ違います。

聞くこと、英語に耳を慣らすこと。

じゃあ、どうしたらいいの?
とお思いでしょう。
一番イイのは、洋画でも洋楽でも
英語で話している・歌っているものを聞いて
ならすこと。

私のケースでは
英会話のCDを車の中でヘヴィローテーション
家でも英会話のCDのあとシャドウラッピング。
これは有効ですよ!

オススメなのが




前者は、会話表現も学びつつ
ラッピングができるので
話す練習にもなります!!!

後者は耳を慣らすのにイイです。
何度も聞いて聞いて
なんて言ってるのか単語一つでも拾えたとき!
嬉しいですしね。

とくにNZは、人なつっこい人が多いので
お店で買い物したときでも
レジの人と軽く
今日は天気がいいねとかなんとか言って
お話とリスニングの練習にもなりますよ!


まずは、アル程度、出来る限り
対応できる状態に自分がなることも
ポイントが大きいんじゃないかなって思います。

  1. 2005/05/23(月) 21:40:13|
  2. ワーホリに行くぞ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0




訪問記念に(^-^)
ランキングしてます





海外で働く2005年度版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。